Boston_EA初のGold専用のEAをリリースいたします。

これまでリリースしてきた安定・低月利を重視したEAとは反対に位置する、
利益特化型のGOLD専用EAとなります。

Gold Gamma(ガンマ)

取引通貨:XAU/USD(GOLD)
取引時間足:M1
ロジック:変則ナンピンマーチン

・Gold相場の特性上、ボラティリティが大きい傾向にあります。
今回はそういったGOLDならではの特性・値動きを利用したロジックです。

・レンジ相場で稼働するよう要人発言、経済指標に影響されにくいプログラムを構築しています。

・含み損を抱えても早期決済できるような利確幅に設定しています。

・相場が嚙み合えば、1~2週間で元金回収することが可能です。

 

※エントリー・決済に関する質問に関して
ロジック保護のため、お答えできない場合が御座いますので、ご容赦頂けますと幸いです。

バックテスト

最も信頼性のあるTickDateSuite(TDS)をヒストリカルデータとして使用しています。
モデリング品質は99.9%を記録しており、実際の過去相場と乖離がないデータを使用しているので、実利的なEAかを測ることが可能になります。

スプレッドも『変動』設定にしているので、よりリアルな数値に近づけることが出来ました。

証拠金 :100万円
期間  :1年半
利益  :約500万円
ロット :0.05
最大DD:44%
勝率  : 67%

1~2か月で元本回収をするEAで年間収支がプラスになるように設計されています。

バックテスト期間がNeolightなどと比較すると短いです。
その分、利益率が一線を画すので上記のような早期回収が可能になります。

実際に運営が運用している口座では2週間で元金回収することに成功いたしました。

フォワードテスト

MT4

ロット変動型口座

〈証券会社〉XMTrading-Demo3

〈口座ID〉23726423

〈パスワード〉Boston123

myfxbook

MT4公開口座より見やすく、あらゆるデータを閲覧できるmyfxbookをご用意しています。

変動口座:bit.ly/gammaplus

固定口座:bit.ly/goldgamma

結果 2週間(7/25~8/5)

 ロット変動口座(0.05〜)

+1,506,007円

※重要指標・要人発言時は、最低ロット(0.01)や停止措置を行っております。

ロット固定口座(0.1)

+668,130円

ロット

※あくまで参考ロットであり、保証するものではありません。

標準思考

経済指標時などを気にせず運用したい方向けです。

GOLD自体、荒れやすい通貨なので安全マージンを取れる方はこれより余裕をもった運用をされてもOKです。

20万円に対して【0.01】

早期回収思考

毎日手動でロットを変えて”早期回収”したい方向けです。

経済指標無しの午前中は高ロット、指標時は”安全思考”より低いロットで運用

10万円に対して【0.1】(経済指標無しの午前中)
10万円に対して【0.01】以下(上記以外・指標時)

意見交換が円滑に行えるようにボストンEAコミュニティーを用意しています。

注意点

・Gold Gamma口座では裁量はお控えください。(EAが正常に稼働しない可能性があるため)
そのため、裁量トレードはこれまで作成頂いた口座にて行ってください。

・ハイリスクハイリターン型で、今まで以上に十分な注意が必要になりますので
無理の範囲で運用されることを推奨いたします。

・リスク軽減のため、要人発言・経済指標時・月末、木曜日の晩以降などは停止することをオススメします。

・フォワードテストを実施してきたうえで、特に”金曜日”は荒れやすい傾向にあります。

・最初の数週間は最低の「0.01」ロットで稼働し、動きになれてからロット変更することをオススメします。

EA設置方法

プレリリースなので簡易説明書となります。
※正式リリース時にはいつものスライドをご用意いたします。

  1. MT4アプリのインストール
  2. GOLDのチャートを立上(時間足は”M1”)
  3. 自動売買本体のDL(bit.ly/bost999)
  4. ファイル→データフォルダを開く→MQL4→expetsに自動売買本体(.ex4)を挿入
  5. 全般→自動売買を許可するにチェック・DLLの使用を許可するにチェック
  6. 画面上部の『自動売買』をクリックし””→””になればOK

基本的な設定は今までのEAと同じです。
時間足は”M1(1分)”ですのでお間違いないよう設定してください。

分からない設定などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

EA(MT4)を同時に複数稼働する方法

EA(MT4)を複数同時に稼働させる方法は下記をご覧ください。